トップ > 学園案内 > 理事長挨拶

検索結果

理事長挨拶

生命(いのち)を衛る(まもる)医療人を育成します

後藤学園 理事長 新井 恒紀

後藤学園 理事長 新井 恒紀

 

学校法人 後藤学園は1953年に東京 大森の地で、准看護婦、マッサージ師を養成する教育機関としてスタートしました。時代の変化とともに、社会のニーズに則した学科改変を行い、現在、東京衛生学園専門学校(東京都大田区)には看護師養成課程(看護学科二年課程、看護学科二年課程通信制)、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師養成課程(東洋医療総合学科1部、2部)、理学療法士養成課程(リハビリテーション学科)、教員養成課程(臨床教育専攻科)を、神奈川衛生学園専門学校(神奈川県横須賀市)には看護師養成課程(看護学科三年課程)、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師養成課程(東洋医療総合学科)を設置するに至っております。 建学精神である「我々の学ぶ技術は、芸術であり、科学であり、職業でもある」を基盤とし、望ましい卒業生像でもある「心ある、そして考える医療人」の育成に取組み、医療業界で活躍する数多くの卒業生を輩出してまいりました。 その教育のなかで最も大切にしてきたのが校名に含まれている「衛生」という言葉です。衛生とは「生命(いのち)を衛る(まもる)」ということであり、ここでいう生命(いのち)とは、生命・生存・健康をトータルなものととらえ、人間丸ごとを対象に考えています。医療の中心にあるのは常に人であり、その人を衛るために自らの持てる力を最大限に発揮できるような人材を育成し、社会に貢献することが本学園の使命です。

新井 恒紀(Tsunenori Arai)略歴
○(国)金沢大学大学院自然科学研究科(博士後期課程)修了
○(公社)東洋療法学校協会 理事
○(一社)日本リンパ浮腫治療学会 理事
○(特非)日本医療リンパドレナージ協会 副理事長・認定教師
○(国)筑波大学 非常勤講師
○(国)筑波技術大学 非常勤講師