トップ > 学園案内 > 歴史と沿革

検索結果

歴史と沿革

1953年 (S.28年) 東京衛生学園開設 初代学園長 故後藤真一
准看護婦科、マッサージ師科開設(東京校)
1956年 (S.31年) 小田原衛生学園開設
マッサージ指圧師科開設(小田原校)
1962年 (S.37年) はりきゅうマッサージ師科開設(小田原校)
1967年 (S.42年) 高等看護科、はりきゅうマッサージ師科開設(東京校)
1972年 (S.47年) 湯河原衛生学園開設(湯河原校)
1973年 (S.48年) 設置母体が学校法人後藤学園となる
1977年 (S.52年) 専修学校となる(東京校・小田原校)
1979年 (S.54年) リハビリテーション学科開設(東京校)
1983年 (S.58年) 北京中医学院(現:北京中医薬大学)と学術交流提携を結ぶ
1985年 (S.60年) 中医学研究室(現 中医学研究所)開設
1986年 (S.61年) 東京校新校舎完成 
1987年 (S.62年) 天津中医学院(現:天津中医薬大学)およびカリフォルニア州立大学ロングビーチ校と学術交流提携を結ぶ
1988年 (S.63年) 小田原校・湯河原校を統合し、神奈川衛生学園専門学校となる
1990年 (H.2年) アメリカ東洋医学大学院大学(ACTCM)が交流校となる
1992年 (H.4年) 東洋医療臨床教育専攻科およびリハビリテーション学科2部開設(東京校)
1993年 (H.5年) 附属はりきゅう臨床施設(現:はりきゅう臨床実習施設)開設(東京校)
1994年 (H.6年) ドイツフィジカルセラピスト協会公認VPTアカデミーと学術交流提携を結ぶ
附属はりきゅう臨床施設開設(神奈川校)
1996年 (H.8年) ダブルカレッジ大学院システム開設
1997年 (H.9年) 附属クリニック(現:入新井クリニック)開設(東京校)
2001年 (H.13年) 附属リンパ浮腫治療室(現:マッサージ治療室)開設(東京校)
2003年 (H.15年) バークレー鍼・統合医療専門職大学院(AIMC)が関連校となる
附属横浜国際プールはりきゅうマッサージ室開設(神奈川校)
学園創立50周年を迎える
2005年 (H.17年) VPTアカデミー/ドレスデンインターナショナル大学提携校/理学療法士養成校と再提携
2006年 (H.18年) 看護学科(通信制)、東洋医療総合学科2部開設(東京校)
2007年 (H.19年) 天津中医薬大学・北京中医薬大学と編入学協定を結ぶ
    リンパ浮腫研究所開設
2010年 (H.22年) 中医臨床センター開設
2013年 (H.25年) 学園創立60周年を迎える
   

VPTアカデミー/ドイツ連邦共和国公認マッサージ師・理学療法士学校との学術交流協約を更新

   

横須賀新校舎開設(神奈川校)

2014年 (H.26年)

看護学科開設(神奈川校)

初代学園長 後藤真一

初代学園長 後藤真一

開校当時の後藤学園

開校当時の後藤学園

北京中医学院

北京中医学院

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校

独VPTアカデミーとの学術交流提携

独VPTアカデミーとの学術交流提携