トップ > 文部科学省委託「超高齢社会における認知症患者に寄り添う医療・介護連携型の中核的鍼灸専門人材育成」事業 成果報告会:開催報告

検索結果

文部科学省委託「超高齢社会における認知症患者に寄り添う医療・介護連携型の
中核的鍼灸専門人材育成」事業 成果報告会を開催しました

2015/2/17

お知らせ

学校法人後藤学園では、平成26 年度文部科学省委託事業において、医療・福祉・健康分野の中核的専門人材育成事業の 認定を受け、認知症の人に寄り添う新たな人的資源となる中核的鍼灸専門人材の育成を目的として、日本初となる西洋医学系・介護福祉系・鍼灸医学系の3分野 連携による認知症患者対応型モデル教材の開発を進めてまいりました。

2015年2月9日(月)に、当該事業の成果報告会、並びにシンポジウムを開催いたしました。
シンポジウムでは、医療、福祉、鍼灸、地域の各分野で活躍する先生方が登壇し、活発な議論が交わされました。
鍼灸分野だけでなく、医療分野、介護分野の方、患者様のご家族の方など、150名を越えるご参加をいただきました。改めまして御礼を申し上げます。

当日のプログラム、事業の流れにつきましては、下記PDFファイルをご参照ください。

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-1

約150名の方にご来場いただきました。

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-2

冒頭の「成果報告」では、今回の事業で目指すもの、これまでの成果についてお伝えしました。

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-3

シンポジウムでは5名の方々がパネリストとして登壇。

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-4

パネリスト:川並汪一氏(一般社団法人老人病研究会 会長)

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-5

パネリスト:グスタフ・ストランデル氏(株式会社舞浜倶楽部 代表取締役社長)

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-6

パネリスト:兵頭明(学校法人後藤学園附属中医学研究所 所長)

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-7

ゲストパネリスト:韓景献氏(天津中医薬大学 教授)

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-8

パネリスト:和田雄志氏(公益財団法人未来工学研究所 理事・フェロー)

文科省委託事業報告会(認知症・人材育成)-9

コーディネーター:後藤修司(学校法人後藤学園 理事長)

文部科学省委託事業成果報告会 プログラム(2015年2月9日)[1,918KB]

文部科学省委託事業成果報告会 成果報告(学校法人後藤学園 兵頭明)[5,744KB]

文部科学省委託事業成果報告会 パネリスト紹介[316KB]


これまでの事業の流れにつきましては、下記実施委員会の資料もご参照ください。

文科省委託事業・第1回実施委員会スライド(2014年8月4日)[1,135KB]

文科省委託事業・第2回実施委員会スライド(2014年11月10日)[1,758KB]

文科省委託事業・第3回実施委員会用スライド(2015年2月9日)[6,173KB]